ℊ3

高校生娘×2の母

方言をあやつる?小学校教諭母の大学1年の娘と私の高校1年娘/ふたつの話

ふたつの話

 

g3です。

 

ひとり設計事務所を営みます。

 

先日かきました

チカラ子に大学受験アドバイスいただく

ことになった大学1年さんとその姉

姉妹



娘ちゃん×2との我が家での時間で⤵

g3archi.com

娘2/国立大学1年生が

大学の友人の話をしてくれました

話から。

 

狭い道で3人並んで歩いていた時

後ろから自転車がきたので

自分は後ろに下がって

ふたりにも声をかけたけれど

聞こえているはずなのに

2列に並んでお話したまま・・・

 

そういうのが

自分はちょっと苦手・・・と彼女。

 

そこでが思い出して

その場で彼女たちに話した

 

高1娘/学校帰りの話

 

学校の帰りにコンビニで買物した時

 

娘が手にした炭酸の飲み物が

手からすべり落ちた時

そのまま買おうとしたら

一緒にいた子たちが

「それ置いて別のを買えばいい」って。

ねぇねぇ、お母さんだったら

絶対そうはさせないよね、私に

 

と。

 

そうね、私は

ぜーんぜん正義の味方ではないけれど

いつも神様はみています精神ですから

それはしない。

それ、ひと様に迷惑がかかる可能性があるからね。

想像力MAXタイプですから。

次にそれを購入した人が

ぷしゅっ

うわっ

想像しちゃいますから。

 

なら

店員さんにこう言います。

「落としました、すぐに飲みたいので

別のを買ってもいいですか。」

そう、言われて断る店員さんもそうそういないわ~って。

 

・・・

 

全然ね

正しく生きてやしませんよ!

横断歩道も斜めにわたって

ちょいちょい横の?後ろの?

JC主人から

娘たちから

お小言いただきますけど。

 

想像したら

迷惑かしら

はダメ

神様みてますからね。

ずーっと。

 

その悪口、聞いてますからね。

 

そう言って

娘たちと小さい頃から過ごしてきたら。

 

炭酸話のような子に・・。

 

娘2/国立大学1年生ちゃんの話も

重なるところがありました。

そして彼女の母である

高校生の頃から母のようだった

ほっこり友人を思い出しました。

 

娘2/国立大学1年生ちゃんの話で

ほっこり思い出したのち

皆で彼女たちの母(私の友人)に電話して

スピーカー設定にしてテーブルの上におき

彼女と皆でおしゃべりを楽しみました。

 

彼女は小学校教諭

現役にこだわり

今も担任を受け持っていて

その日は保護者の方と一緒に

絵本作家さんを招いてお話を聞いたのだと。

 

それで

お話聞いて

保護者の方々と皆で涙しながら

しっかり生きよう、と思ったさぁ

 

 

そういえば彼女

こちらのブログの最後の

方言の話に登場していました。⤵

g3archi.com

 

そんなスピーカーになっているスマホから

ひとり話す彼女に私は聞きました。

 

誰のために?

 

彼女の答えは

 

えっとねぇ、じぶん

 

・・・じぶんかいっ(私)

 

この答えが

とても彼女らしくて

皆で笑ってしまいました。

 

彼女の娘ちゃん×2と話して

上記ふたりの話などから

 

この本を思い出しました。

 

 

しみじみ良い本だと感じる

小児科医/高橋孝雄先生の著書⤵

ebookjapan.yahoo.co.jp

こちらで先生が

何よりも大事なチカラだとおっしゃるのが

 

「共感力」

「意思決定力」

「自己肯定感」

 

友人の娘ちゃん×2に備わるチカラ

 

そして

高校の時に出会った彼女に

備わっていたチカラ

 

そんな気がします。

 

 

応援ポチっといただけると嬉しくオモイマス

👇

にほんブログ村 子育てブログ 中学生の子へ
 にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
にほんブログ村

 

設計事務所で戸建住宅ブログに であえるのはこちらから

👇

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 建築設計事務所(施主)へ
にほんブログ村