ℊ3

高校生娘×2の母

会社はザワザワの中で打合がフツウなんだから在宅ワークでもザワザワでいいじゃん基本ザワザワ時々個室会議

 

2021.01はてなブログに引っ越しました

g3

娘ふたりの母

現在設計事務所自営

設計はヒトトナリより

ということでブログを

 

今日の疑問はタイトルのとおり

 

この雑談をここのところよく聞く

 

本当にNGな場合もあるのはわかる

 

会社においてそんな場合は

打ち合せ室へ行ったりする

 しかし大抵は電話も自席

打合も脇の打合テーブル

話していると関係のないヒトが座ってきて

ちょっとコレ教えてよ、なんてザラだった

 

ヒトリ設計に集中するBGMが隣の打合の声さ

が、当たり前だったけど

 

数か月前の話

 

我が家に見学にきた赤ちゃんのいるママ

 

ご主人毎日在宅ワーク

会議の内容によっては

赤ちゃんを連れて外出するよう

ご主人に要望されるとか (-"-)

 

なんだと

 

そんなこと言うやつとは●婚

なんて、いわなかったけど

オドロキ過ぎた('Д')

 

我が家なんて

在宅ワーク

オンライン塾も

高校オンライン授業も

暗騒音(ざわざわざわざわ)ありが基本

 

もちろん声の大きさは調整するけれど

 

時々

ワタシと宇宙人が喧嘩して

オンライン塾授業中の妹の周りを

何度も何度もかけまわり

その度に彼女の画面にワタシと宇宙人が

チラッチラッとうつる、を繰り返すと

 

いい加減にしてーーーっ

注意されるけれどね

f:id:g3-gumi:20210404210144j:plain

👆この彼女の前と後ろをぐるぐるぐるぐるぐる👇

f:id:g3-gumi:20210203135102j:plain

通常運転の場合は

 

それなりに在宅〇〇こなす家族

 

それを何年も前の雑誌の特集の

文章で表現してくださっていた

建築家/ 難波和彦さん

 

設計の検討中にふとみた昔の雑誌

特集

難波和彦はどこへ向かうのか

 

一室空間住居の根拠

一部抜粋 

個人の自立と個室の確保とは

まったく別の問題である。

個室の確保が個人の自立を保証するのではない。

むしろ開放的な空間においても

集中できることが個人の自立なのである。

とはいえ、一室空間の中で各自が勝手な行動を

したのでは生活は混乱するだけである。

一室空間的な住居では家族が

共有する住まい方のルールが必要不可欠である。

話し合いによって住まい方のルールを決めることも

個人の自立の重要な条件だといってよい。

一室空間住居の中で育つ子供は

日常生活での体験や両親との話し合いを通じて

生活を成立させる暗黙のルールを身につけていく。

共有されたルールとは、空間を文節する

見えない壁である。

自分の力で見えない壁を作り上げる術を

学ぶことが、個人としての自立である。

 

だそうだ

 

この一室空間住居

全てのヒトに許容いただけるなんて

まったくもって思わないが

 

我が子どもたちの自立状況

文字で表現いただいたようで

ちょっとした感動

 

自立した宇宙人と

自立した宇宙人の妹のおかげで

在宅○○○○は今日も円滑

 

一昨日のBGMも英語オンライン授業

 

1F仕事中の私の耳に届く

もう一つのBGMは

浴室から大音量で鳴り響く

BTSと宇宙人の合唱

 

大人になって急に見えない壁を

作り上げる術を身に付けるのは

きっとムズカシイ

 

もってうまれた性格

育った環境

そしてヒトの感覚が確立されるから

 

あっでもでもでも

JC主人は大人になって結婚してから

徐々に徐々に徐々に徐々に徐々に

見えない壁を作り上げる術を身に付けたのかも

 

結婚生活がそうせざるを得なかったから

 

身に付けざるを得なかった技か

アハハハハハハハハハハハ( ;∀;)

 

そういえば

ふと思い出した

 

JC主人のご親戚オバ様よりヒトコト

「あなた、よく○○○を教育したわね」

いただいた

 

その場は笑顔を返しておいたが教育ではない

カレがワタシというイキモノと生きていくために

自ら身に付けた処世術

 

応援ポチっといただけると嬉しくオモイマス

👇

にほんブログ村 子育てブログ 中学生の子へ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ 

設計事務所で戸建住宅ブログに

であえるのはこちらから↓

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 建築設計事務所(施主)へ

 

ブログ読者登録していただける方は

こちらから↓

元ゼネコン設計部/中学娘×2&JC主人をもつg3建築全般相談部 - にほんブログ村