ℊ3

高校生娘×2の母

左目が痛いのは白目がたるんでコンタクトにのっているから

3人目の眼科医先生はびしっと答えてくれた話

 

g3です。

 

ひとり設計事務所を営みます。

ここのところは

ひとり木工所を営みます。

 

今日は先日診ていただいた眼科でのこと。

 

先日かきました

結膜下出血のせいか眼が痛い話⤵

g3archi.com

結膜下出血の回数は以前より減りましたが

 

毎日のように左目が痛い

 

コンタクトを

していても

していなくても

 

朝起きた時から

瞬きをすると

なんとなく痛い

なんとなく重い

 

酷い時は痛い痛い痛いと鈍痛が続きます。

 

そんなわけで

近所の眼科に痛いと伝えて

人目の眼科先生に診ていただきました。

 

 

高校生娘たちのコンタクト事情について

かいた時に診ていただいてるとかいた

次女が小さい時に初めてかかった医師⤵

g3archi.com

坂を転がるように近視が進む次女に

 

遺伝です!

スパっと言い切った先生です。

 

これまでの先生方は

軽い炎症はみられますが

痛みにつながるような所見はみられない

という診たてでした。

 

そして

次女が診ていただく

いつもの先生が言いました。

 

気になる眼の病気はありません。

 

痛みは

 

白目のたるみにより

コンタクトレンズに白目がのっているのが

一番の原因です、と。

 

長年のコンタクト利用と加齢により

白目がたるんでコンタクトの上部で

白目がのってるから

 

痛む

違和感

 

はずしても

たるんでるし・・・

 

痛む

違和感

 

朝、起きた時の瞼ぱちぱちの違和感

コンタクトで既にドライアイ

 

そのうえ

寝ている間には

眼の中に涙やらうるうるするものは

つくられないから

起きた時のばあさんの眼の中は

かっぴかぴ

 

それにより瞼の違和感は最上級なんだとか

 

そんな説明を

男性医師は

矢継ぎ早に早口で

たたたたたたと続けます。

 

この説明がストンと腑に落ちる感じが

爽快であるとともに

 

JC主人を彷彿とさせます。

 

黒川伊保子さん著書で言語化されていた

JC主人です⤵

g3archi.com

先生も看護師さんやらやらに

で、要点は?って顔して

仕事してらっしゃいそう・・・なんて

脱線しそうな頭を診察にもどして・・

 

先生は説明を矢継ぎ早に続けます。

ご自分が18歳から始めたコンタクトを

5年前にやめて(先生はおそらく40代)

 

基本眼鏡で

時々ワンデーコンタクトにしている話

 

そのきっかけは老眼

暗い診察室での診察が厳しく

遠近両用コンタクトの使用も

個人的には不向きとのご説明でした。

 

先生は

私が頭に問題を色々抱えていて

頭痛になりやすく

眼鏡生活が基本的には出来ないことも

よくご存じゆえ

 

あくまで

今後を考える上での情報という意味で

それはそれは矢継ぎ早に

要点をあげながら

端的に説明するお手本のように

ご説明いただきました。

 

情報は盛り沢山でした。

 

その沢山の情報を持ち帰り

咀嚼しながら

痛みに効く目薬をさしながら

遠くない未来での眼鏡生活が可能かどうか?

かんがえています・・・。

 

ひさびさに

フレーム探しの旅に!

チカラ子のつきあいで自分も必ずかけて写真撮る

頭痛にならない眼鏡を探す旅

 

JINSのこめかみの下でとまる

ショートテンプルとか?

⤴ダメな予感しかしないけど

 

じっくり探してみようかしら。

 

応援ポチっといただけると嬉しくオモイマス

👇

にほんブログ村 子育てブログ 中学生の子へ
 にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
にほんブログ村

 

設計事務所で戸建住宅ブログに であえるのはこちらから

👇

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 建築設計事務所(施主)へ
にほんブログ村