ℊ3工房一級建築士事務所

建築設計事務所を営む中学生娘と高校生娘の母

ひらがな漢字の小学生毎日の宿題を公文かきかた教室にして日本語を目と手で覚える

 

2021.01はてなブログに引っ越しました

g3

中高生娘ふたりの母

現在設計事務所自営

設計はヒトトナリより

ということでブログを

 

ひらがな漢字宿題は公文かきかた教室になる話

 

娘たちが小学生の低学年だった頃は

👇ガッツリ会社員!

g3-gumi.hatenablog.com

昨日もかいた通り低学年時宿題以外

いわゆる勉強?はしていない娘たち

👇

g3-gumi.hatenablog.com

しかし不毛キライ母が、コレだけは!と

取り組んだのは宿題ついでの公文かきかた教室

 

あっ、ごめんなさい、行ったことないので

公文かきかたが実際どんな感じか??です

 

低学年時、毎日出る文字をかく宿題

コレを決して無駄にしない

 

どうせ書くなら正しい形を身に付ける

身に付ける=目と手で覚える

身に付けないで書くのは

ドリルの宿題をコタエ写す行為と同じ

 

身に付けるように書くとは単純明快

うっすら書かれた文字と

瓜二つにかくゲーム

コレだけを徹底

 

なぞる

みてかく

みてかく

みてかく

 

人生は幼少期から始まり

20年ブランクはあるけれど

かれこれ30年になる

 

幼少期、硬筆を習った際も同じ

先生の手本を真似て書く

なおしていただき数回かく

繰り返す

ただコレだけ

 

コレ毎日の宿題でやればいいではないか

 

もちろん、得意不得意はある

瓜二つに真似ることが

いとも簡単に出来る子もいる

けれど誰にでも言えることは

スピード

そうでない子も書くスピードを超低速にかえる

書く前に、次の線がどこまで伸びているか意識

 

娘たちもコレを毎日毎日宿題で繰り返した

はじめのうちは適当にかいていたけれど

適当にかくとダメ出しされて

消して書き直す時間がうまれるため

徐々に1回で宿題が終わるように

丁寧に時間をかけてかくようになった

書く回数は増えないが書くスピードが遅い分

宿題をする時間は少しのびる

 

けれど毎日丁寧に書き続けると

その文字の正しい形を目と手が覚える

 

そうして続けていると

徐々に難しい漢字になっていっても

同じツクリやヘンが出てきて

同じものは目と手が勝手に動くようになる

 

コレが宿題かきかた教室の成果

「しんにょう」だって怖くない

何度も正しい形をかいているから

手が勝手にうごく

 

だからと言って

日頃その字で書くわけではない

ワタシも同じ

目と手が覚えているから

楷書で低速なら書けるが

日頃の字は自分の字

 

それでよいとオモウ

 

我が家の場合だと宇宙人の妹は

左利きのままを選択して

親指を出して書くスタイルを選択した

👇

g3-gumi.hatenablog.com

それがアタマスピードにあった書き方だったから

 

ハイ、きちんと書きましょう、の場面では

目と手の記憶でそれなりにきちんと書きます

 

宇宙人の域には達しません

彼女は瓜二つにかくオソロシイ域にいます

ただ努力は惜しみますから(*'▽')

f:id:g3-gumi:20210902095845j:plain

上手になることが目的ではないのだ

 

今後どんな時代が来ようとも

 

✋は美しい日本語を覚えていて

 

✋が次の何かを生み出すかも

 

書経験は関係ない

そこにお手本があるのだから

カタチがチガウを許容しない

はじめが肝心

 

応援ポチっといただけると嬉しくオモイマス

👇

にほんブログ村 子育てブログ 中学生の子へ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ 

設計事務所で戸建住宅ブログに

であえるのはこちらから↓

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 建築設計事務所(施主)へ

 

ブログ読者登録していただける方は

こちらから↓

元ゼネコン設計部/中学娘×2&JC主人をもつg3建築全般相談部 - にほんブログ村