ℊ3

高校生娘×2の母

ヒーターなし気化式加湿器で補助的加湿はじめました

加湿器の電源が微妙な話

 

g3です。

 

ひとり設計事務所を営みます。

 

我が家

暖房はエアコン

地域は東京

ということで

乾燥気味です

 

湿度はこれまでも

かいてきました通り

SwitchBot

家じゅうの湿度管理⤵

g3archi.com

g3archi.com

 

基本的には

洗濯物室内干し

調理といった

生活による加湿により

平均湿度50%程度です。

 

ただ

洗濯物がほぼ乾燥した夕方以降は

40%になることもあり

昨年末購入したのが

 

ヒーターなし気化式加湿器

 

湿度の低い日の夜だけ

使用しています。

 

そんな加湿器をどこに置いたか⤵

左↑開ければテレビがある扉の上

 

高さは1m80㎝のところ

 

潤った空気がこの高さから

放たれて降下してくると

下にエアコンの気流があって

部屋の南側へ運ばれます。

 

視線にも

物理的にも

邪魔にならずに

格好の場所でしたが

難点は電源ボタンON

水の補給です。

 

水の補給は

1週間に1度くらいの頻度で

JC主人の在宅時に

連携作業で行います。

 

場所が高いのでやや面倒。

 

それから電気ですが

どこから?と考えて

ふと見た角形引掛シーリング

照明用金物です。

この金物に

コンセント付き

こちらの角形引掛シーリングアダプタを

WG4481PK | 引掛シーリング増改アダプタ1型 /P | 品番詳細 | Panasonic

追加接続しました。

 

これで電気はOK

 

そもそも

何故あんなところに

引掛シーリングがついているか?

それは電気工事やさんと設計やさんの

認識違いです。

・・・設計やさんはg3( ;∀;)

 

じつはテレビの下に

ピアノもあり

ピアノを弾く際に

手暗がりにならないよう

照明がつけられるようにと

考えた設計図でしたが⤵

その高さではなく

その直上

一番高い天井に現場では

ついていました。

( ;∀;)

 

スイッチは写真の通り

テレビ脇の壁についていますので

加湿器をOFFする時は

そのスイッチでOFFできるという

建て替え3年目にして

初めて使われたスイッチ

 

ただし

ONはスイッチで通電してから

本体の電源ボタンを押す必要が

ありますので

毎回スツールに昇ってON

 

そんなことを

2日に1回くらいの割合で

やっています。

 

ONは不便ですが

存在を忘れる程度の静か運転で

補助的加湿が満足な

ヒーターなし気化式加湿器でした⤵

 

加湿器は方式が色々ありますが

我が家は補助的役割のため

 

加湿スピードは重視せず

電気代が抑えられる

ヒーターなし気化式ですが

 

たとえばこんな頁で

特性を比較して選択⤵

www.monotaro.com

 

最後に

 

何度もかいてすみません。

はじめに謝ります。

 

内窓啓蒙活動です。

 

加湿器を使用している部屋で

窓が結露している場合

まずは加湿器表示湿度ではなく

部屋のあちらとこちらの湿度を

湿度計で確認いただき

湿度が60%を超えていない場合は

窓に内窓を是非!

 

ただし

たいていの湿度計の湿度とは

相対湿度ですので

60%が上限なのは室温が21℃程度まで

たとえば同じ60%でも室温があがると

蓄えられる水分は増えるので

そこには沢山の水分が存在することになります。

 

相対湿度絶対湿度

わかりやすく出ていているのが

毎度ながら、こちらのウェザーニュース⤵

weathernews.jp

 

そんなわけで

相対湿度で部屋の湿度を確認する時は

室温も同時に確認してください。

室温が21℃程度なら相対湿度が

60%を示していても問題ありませんが

たとえば室温が23℃以上あり

相対湿度が60%を超える場合は

加湿のし過ぎです。

 

ウェルカムカビ状態

 

それで結露をしているようでしたら

まずは加湿を弱める

 

最適湿度で窓が大いに結露している場合は

熱伝導しやすいアルミやガラスが

原因ですので

内窓を是非!

 

ただし1点ご注意を

 

窓以外の壁や天井

カビや結露が発生している場合は

内窓だけでは結露はとまりませんので

早めに専門業者様へ

ご相談されることをお勧めします。

 

応援ポチっといただけると嬉しくオモイマス

👇

にほんブログ村 子育てブログ 中学生の子へ
 にほんブログ村

中学娘高校娘の母で設計事務所をヒトリで営む - にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
にほんブログ村

 

設計事務所で戸建住宅ブログに であえるのはこちらから

👇

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 建築設計事務所(施主)へ
にほんブログ村